相続手続きなどで困ったときには専門家に相談しましょう


解決方法について

説明する男性

最近よく耳にするようになった「終活」という言葉、皆さんはご存知でしょうか。
自分の最後の時に備え、葬儀の仕方などを色々と考える方が増えてきていますが、やはり一番の問題となると遺産相続ではないでしょうか。
遺産相続というと、遺言状を書いてその通りに遺産が分配される、とお思いの方も多いとは思いますが、実際には必ずしもそうではありません。
なぜなら、法律にのっとった書き方をしなければ、その遺言状そのものが無効となってしまう場合があるからです。
また仮に遺言状が有効となった場合でも、遺産の額によっては多額の税金がかかり、遺産を受け取ったがために家を売らなければならなくなった、という話もあります。
法律が複雑になり過ぎて、素人が行うには難しい、あるいは損をする可能性さえある遺産相続。
悔いのない終わりを迎えるためには、法律の専門家の力を借りる必要があります。

では、法律の専門家に相談した場合は一体どれくらいの金額がかかるのでしょうか。
弁護士を例に挙げてみると、相談だけであれば30分5000円~というところが多く、中には初回相談料無料というところもあります。
遺言状作成をした場合は100000円前後、死後遺言内容通りに執り行ってもらうための費用は、定額のところは少なく、遺産の額によってパーセンテージで支払うところが多い傾向にあります。
また、「そんなに高かったら相談できないよ」という方のために、無料の相続相談に乗ってくれるところもあります。
あくまで相談がメインになり、弁護士のように遺言執行までしてくれるわけではありませんが、法律のプロが無料で相談に乗ってくれるというのはいざというとき安心できます。
自分の死後のことをしっかりと考え、早めの相談をしていくことで、最高のエンディングを迎えられるようにしましょう。